« 雑記:チャベっす。ついに来ちゃったっす。狛江にアレ | メイン | 雑記:かぜひいた、くだった、ゼニヤッタ、モンダッタ »

2006年3月16日

●雑記:オッス、オラ悟空(軍靴の音が聞こえます)のガイドライン

このエントリーを含むはてなブックマーク 雑記:オッス、オラ悟空(軍靴の音が聞こえます)のガイドライン

これって有名だけど、まだここに記してなかったっすよね?
すんません眠い、、、。

以下「軍靴の音が聞こえます」のがいどらいんです。
--------------
先日、孫がビデオを見ているととんでもない言葉に耳を疑いました
「オッス オラ 極右(ゴクウ)」主人公は異星人との紛争を暴力によって
解決しようとするものでとても、
子どもには見せられる内容ではありません
また主人公がピンチになると金髪で青い目に変身します。
(元々の主人公は黒髪で黒い目をしています)
時代遅れの脱亜入欧的表現に笑ってしまいましたが、
こういう所から同じアジアの同胞への
差別が始まるのかと思うと薄ら寒い気がします。 
そして、最後の必殺技は、
全ての人々から元気を少しかけてもらい
巨大なエネルギーにするというものなのですが、
その表現が更に恐ろしい
全ての人々が両手を天に上げる、そう万歳なのです。
万歳をした人から力を奪い取り、
敵を撃つという図式は戦中の構図そのもので
その衝撃にへたりこんでしまいました。
このような番組を見て育つ子どもの将来が非常に心配です。
この国はいったい何処に進んでいくのでしょうか。
ー---------------
* ̄ー ̄)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://ori-p.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/238

コメント

極右って神道系(?)だから、反欧米的
(というか反キリスト)だと思ってたんだけどなぁ。
最近、右左のオフセットがよくわからん。

wikiペデアによると以下ですね。

------
政治上の右翼(うよく)とは、必ずしも同列に並べることは出来ないが、ファシストや民族主義者、国粋主義者、反共主義者や保守反動勢力の総称である。フランス革命後の議会で、議長席から見て右側の席を保守派が占めた事から由来するが、現代の右翼の定義には、コミンテルン的視点も大きく作用している(例えば、ファシズムやナチズムを右翼と見る見方。伝統的右翼の立場からするとファシズムやナチズムは"左翼"になる)。
---------

まあ、基本的に保守=右翼ですかね?
もはや日本は安保なしにはありえない国になってるので、
それを守ろうというのが右なんじゃないでしょうか?

もちろん、最近の保守系の論調でも、
米国の思惑通りになることは完全には
認めてないですけどね。

そこれわれらが太郎ちゃまが言うわけです
(,,゚⊿゚)<日本も核をもたねばらなん事態になる

ラムズフェルドも目をむいたとかw

まあ実際に核を持とうってんじゃなくて、
それほど、中国マジヤバイってことでしょうな。

おわかりでしょうけど、ここでの極右は
ファシストでしょうねぃ。

>それほど、中国マジヤバイってことでしょうな。
バブルはじけそうだものな。

コメントする

あわせて読みたい