« てすと:ALPSLAB | メイン | 雑記:腹八分目 »

2006年4月 6日

●萌え系:萌え演歌歌手

このエントリーを含むはてなブックマーク 萌え系:萌え演歌歌手

まあ、なんちゅうか、こういうのが出てくるところに、
萌え文化の末期的症状、いわゆる徒花満開時期的なものを感じますね(;´Д`)

花村みずき 演歌界にも“萌え系”

上は和服、下はメイドをイメージしたフリフリのスカートにファー付きのブーツという装い。スリーサイズも83・59・88と、グラビアアイドル並みだが、歌声はこぶしの利いたド演歌調。アイドルのような風ぼうとのギャップが売りだ。

この上着は和服なんすか?
中華系に見えますよ(;´Д`)
アジアまとめて一くくりですか?
あ、カウボーイみたいな帽子かぶってるし
区別がつかない一部アメリカ人ですか。
なんでヘッドドレスじゃないの(つД`)
とりあえず、ガンガリズムまっしぐらキター的な感じすねor2

ギャップといいますか、とりあえずブームにあやかろうとするのは、
なかなか大ヒットが生まれない演歌界の常套手段でしょうに(;´Д`)

ええ、好きですよ、こういうの。
この突っ込みどころ満載感が(;´Д`)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://ori-p.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/256

コメント

おかしいな。
漏れはずっと前に「萌演歌」とかいうCDを買ったぞ?
まぁ、コスプレ(?)はしてなかったけど。

テンガロンハットさえなければ、別に普通の演歌の衣装のような気がしますが。
若手は、それなりにずっと色々やってきたはずですし。不思議感はないですねぇ・・・

Σ(゚Д゚;)さすがキムさん、なんちゅうものをw

まあ、なんちゅうか、ゴスロリ演歌もあるみたいっすね。

というか、手を変え品を変えではなく、
手も品も変えずに看板だけ変える。
まさにガルダンなら、ファイアーロボが最強戦士ドンとして売られるように、
ガンガリズム全開でありますな。

コメントする

あわせて読みたい