« 国際:どえらいねちゅーごく | メイン | 太郎ちゃま:北朝鮮人権法 »

2006年6月29日

●国際:インテリジェンスをおかわりだぜブルァアアア!

このエントリーを含むはてなブックマーク 国際:インテリジェンスをおかわりだぜブルァアアア!

大森さんの国家と情報ですが、
改訂前は『「インテリジェンス」を一匙』というタイトルでしたな。

まあ、なんちゅうか、元々激しく危機感を感じていたので、
逆に、国民の意識さえ変われば結構やってけるんじゃないかな、と
思いました。

いろいろためになる言葉はあるんですが、
この言葉を贈りますよ。
「屈折した体験と心情がない者は世の中の表面しかわからない」
そして
「営業のための愛想笑いを浮かべたことのない者に世の中はわからない」
だそうです。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://ori-p.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/301

コメント

>「屈折した体験と心情がない~
>「営業のための愛想笑い~
したら、大抵の人は世の中以外わからないのでは。
「世の外(ふぁんたじー)」に憧れるわけだ。

それが日本なんじゃないですかね?
あまりに理想主義的というか、
お人よし過ぎます。

んでも、あれすね。
公開されている情報を整理するだけでも、
ちょっとした情報が洪水のようになって
僕を襲いますよ。

まあ、インテリジェンスの世界に生きた
おじさんの言葉ですので、
なーんとなく心にとめておけばいいと思います。
たた生きているだけなら、
そんなに屈折しないだろうし、
世の中の裏とか真実とか知らなくても生きていけますしね。

あっしとしては、図らずとも屈折してしまった人に対するメッセージとして記しましたw

コメントする

あわせて読みたい