« メイド産業:わ、わたしがわるかった! | メイン | 一人上手:あなたはなにをねがいますか? »

2006年7月21日

●国際:昭和天皇陛下を

このエントリーを含むはてなブックマーク 国際:昭和天皇陛下を

日経は昭和天皇陛下をも、
「中華利権」という
目先の金欲に利用しようというのでしょうね。
だいたい、なんで「経済新聞」が
あんなにでかでかとあんな記事のせるんでしょう。
そうそう、インサイダー疑惑も出てますね。

何が本当に本当かわかりませんが、
ネトウヨは怒っています。
どぞ

よくみなさん、調査しますよね。
ほんと、脱帽です。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://ori-p.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/337

コメント

皇室のあり方について寛人さまがコメント出せば、お前らは黙ってろ(゚A゚)!のアカピや民主党の小沢なんかが検証もしないままホイホイ乗っかってきてるのが怒りを通り越して微笑ましくも有った。バカは死んでも直らないんだろうなぁ(´-`).。oO

寛仁さま、な orz

漏れも何故に天皇家が東京裁判で廃止にされなかったのか不思議人間ですが。
「戦犯で言ったら、S級戦犯じゃん」とか絶対に言えないし。
ほんとにユダヤと関係あったりしたら面白いんだけどなぁ。GHQは奥の院でいったい何を見たのか!
行けヤマザキ!

マッカーサーは日本に来て、実際に日本の国民を見て、
天皇に罪を課したら、
日本人がどのようにトチ来るってしまうかわからん
と恐れたそうです。

マッカーサーといえば、
「あれは日本の自衛戦争だった」と言ったことでも有名ですね。

東京裁判は、パール判事の言ったことがすべてだと思います。
最近の歴史再検証では、大東亜戦争がコミンテルンの策謀だったという論調が極めて強いですが、
これはさすがに陰謀論ではないかという話も…。

しかし結果だけ見れば、コミンテルンと中国共産党が勝者だったわけです。
敗者は日本、アメリカ、中国国民党です。

「負けた責任」ならば数々の人々が裁かれてしまいますが、
イギリスもアメリカに戦争介入させるために、
日本に対して強硬策をとらせるようにしむけたという話もあります。
もちろん、これは対独参戦のきっかけとしてですね。

戦後60年がたち、ソビエトも崩壊し、数々の機密文書が公開されています。
現在明らかになってきていることを解きほぐしていくと、
怒りと悔しさでいっぱいになります。
このような過ちを繰り返さないためには…
インテリジェンスの整備、
自衛能力の向上、そして
中国の言いなりにならないことですね。

Σ(゚Д゚;)はなしが関係なくなりましたね。
どうやらこのメモはホンモノかどうか検証が一切なされないままに報道されたようです。
日経は、何かあったら責任をとるそうですよ。
コレに関する責任の前にインサイダー取引の件、究明してください。
あと、日銀総裁はどうなったの?

人は忘れやすい生き物です。

それにしてはイヤなことだけ克明に覚えてるな。
まあ闇とともに暮らします。

ほかにも検証まとめサイトがありました。
どうやら、「藤尾(文相)の発言」(赤線部分)と書いてある」部分をカットしている模様。
出した元は強制捜査入って祭りになるとタイヘンですからね。それに捏造だいちゅきいつもの面々が飛びついた感じ。

http://youmenipip.exblog.jp/2881000/

報道ステーションの画像で見ると

http://2ch-news.net/up/up12085.jpg

こんな感じみたいです。
はやく放送免許剥奪しないと、どんどん捏造が加速してきますよ。

おお、スガリさん、ありがとうございます。
やはり捏造ですよね。
どう考えても、昭和天皇がそんなうかつなことを口にするとは思えません。

考えていたとも思えないし、
万が一考えていても、
そのようなことは口に出すとは思えません。

確かに国民を戦争に巻き込んだことに
責任がある人はいます。
それは責任であって罪ではないはずです。
A級とされる人々には、政治に復帰してる人だっています。

しかし、その責任の一端が自分にもあると感じ、
それを痛切に感じていた昭和天皇が
あの戦争の中にいた昭和天皇が
日本国民が選んだ日本の指導者を
そこまで名指しで批判するなんて考えられません。

近衛文麿元首相は「何者か目に見えない力にあやつられていたやうな気がする」と述べています。
最大の国賊である尾崎秀実が、近衛氏の朝食会のメンバーとなり南下政策を進言していました。
私は、これら国賊に操られてしまった、
インテリジェンス環境の不整備こそが
戦争の原因だと思います。

まあ、すべてではないですけどね。
それだけのわけはないですが、
「日本の軍国主義が」
なんて言葉で済まそうとする人たちが私は許せません。

コメントする

あわせて読みたい