« ケータイ:エスとの日々 | メイン | 雑記:まだやれんじゃね?おれ »

2006年7月30日

●国際:青瓦台VS韓国マスコミさらにヒートアップ

このエントリーを含むはてなブックマーク 国際:青瓦台VS韓国マスコミさらにヒートアップ

マスコミ側の挑発に、青瓦台が対決姿勢を見せましたね。

青瓦台が取材拒否 政権攻撃の2紙に 北朝鮮対応の不評深刻

取材拒否の対象がトップの朝鮮日報と2位の東亜日報ですからね
日本で言えば、朝日と読売に小泉さんが取材拒否といったところですか。

Σ(゚Д゚;)アカピとか是非取材拒否してほしいんですがw

キムデジュン・ノムヒョン酋長のいわゆる太陽政策が
このところの韓国の主軸になっていますが、
本来、朝鮮戦争は終わっておらず、
国家保安法により、北朝鮮は敵国ということになってたと思います。
あ、ちなみに日本とかドイツは国連の敵国ですね。

実際国民はどうなんでしょうね。
とりあえず、酋長のパフォーマンスによって、
逆に国民の反北・親米感情が高まっていると思います。

朝日・TBSらが偏向・熱造報道し、
中韓が「靖国いくな」といえば言うほど、
日本人のナショナリズムが高まるように、、、、。

まあ、取材拒否したところで、
酋長の華麗なる爆笑発言は隠せやしないんでしょうけどw

つか彼の言う「バランサー」ってのは
日本人を爆笑の渦に巻き込んで、
韓国国民の方々への同情を誘うことなんすかね?w

とりあえず引き続き生暖かく見守りましょう。wktkwktk

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://ori-p.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/345

コメントする

あわせて読みたい