« 2006年10月 | メイン | 2006年12月 »

2006年11月30日

●ケータイ:ノキアのイケメン社長

ノキアのイケメン社長です。

もーイメタグ打つと懐かしい気分になりますね(;´Д`)

つか、よーーーーく見ると、
すごいヘンなとこにピンが来てたりして、
へこみますよ(つД`)

2006年11月29日

●ヲタ芸

口頭で「おたげい」っていうと、
どうしてもウホッなヲタかと思っちゃいますよね。
しかしながらヲタ芸です。
いやはや、アイドルヲタも進化してるのか、
ピテカントロプスになる日も近づいたのか。

ヲタ芸について一通り説明を聞いた後、
A-boysの振り付けを教えてもらい、
バックダンサーとして踊らされてみましたよ。

なんというかその、
よく体力もちますね(;´Д`)


そうそう、すごい勢いで泣きそうになりながら
ビデオ屋を回ってモノを探していたのですが、
なんちゅうか、地元狛江のビデオ屋までいきました。
おじいさんが店長さんみたいなんですけど、
探してたのが見つからなくて、
ものすごくホッとして、
しょうがないので、某タツミ先生のDVD買ってみました。
そんでおじいさんが、同じメーカーのサンプルだといって、
オマケをくれたんですが、この中身がヒドイ(;´Д`)
前編、コップレ特撮しかも脱ぎナシですよ。
どうなってんですか。
これでどうしろっていうんですか(;´Д`)
しょうがないので、先着1名さまにプレゼントしますorz
宛て先はこちら。

2006年11月28日

●まじ死なないほうがいいっすよ

いやあ、アカピでも末端にはマトモなひといっぱいいるらしいっすけどね。
ああいう話読んだりすると、
ダメな世の中作ろうとしてる人が子孫残すより、
あの人らにいわせりゃ、クソにも劣るであろうオレのほうが、
まだ生きてる価値あんじゃねえか思います。
子孫も残さないしね。害ねぇ害ねぇ。
反面教師マンセー。

捏造・事大主義・権力に訴えない日本政府だからって攻撃
などなど、彼らのスネオっぷりにはアキレるばかりです。
スネオにたとえたらマジ、スネオに悪い。
でもいいたとえだ、しゃあない。

なにそれまじで。
ウチのベル鳴らすなよ、ケガれるって。
売ろうとしてる新聞読んでから売ってみなよ。
確信犯ならしゃあないけど。
日本人を奴隷にして一生イジメたいってね。

いやほんと、予想通り、あっというまにおわっちまいましたが、
ハルノクニってマンガ思い出すだけでゲロはきそうになる。
まだまだオレも子供だなぁ。
37歳で子供服着てるだけあるよ。
ピートの言葉で言うなら
「ああ、カスなジジイさ、クサっちゃいねえがな」
てとこでしょうか。

どなたか、マンガ詳しい方、ハルノクニの解釈の仕方教えてくださいw

だからオレはひとかけらもMじゃないってばよ。
もちろんSほど奉仕者じゃないすけどね。

まー、やっぱ独り上手って言われてもしゃあないか最近思います。
好きと上手はちゃいますからね。

2006年11月27日

●朝まで飲むと一日つぶれますな

例によって金曜に会社の飲み友達につれられて飲みに。
今度はなんか六本木のライブスペースながら演奏終了後でしたよ。
終電で帰ってカラオケ行こうと思ってたら、
なんちゅうか、だめですね、やっぱ朝まで付き合っちゃいましたよ。
まあ、一人で遊ぶよりお金かからないし、いいすよね。

そうそう、最近のミズポの看板に
「めざせ平和」
とか書いてあるんですが、
60年も戦争してない国をこれ以上、どう平和にするのか考えると、
怖くて夜も眠れません。

まさか近隣の侵略国家に文句を言ってくれるわけはないですしね。

もう、ミズポとか小沢とか共産党とかの看板が多くて、
ため息が絶えない通勤路です。

2006年11月24日

●雑記:37歳の子供服

紫禁城の黄昏―完訳 (上)紫禁城の黄昏―完訳 (上)
R.F.ジョンストン

祥伝社 2005-03
売り上げランキング : 4313

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

なんというか、世の中にはまだまだ知らないことがたくさんあります。
その原因のほとんどが不勉強なせいであることを考えると、
まだまだ自分は行き続けて真実を追い求めねばなるまいと
感じる次第であります。
ええ、勉強しなければ、まただまされるんです。
しかも人の良心に付け込むような輩に…。

日本の自虐史観を築き上げた原因にはWGIP以外にも、
中国抑留者の問題もあったようですね。

ソヴィエトは、敗戦後に武装解除した日本人を
捕虜として抑留しました。
ええ、戦争中じゃないのに「捕虜」ですよ。
あきらかに拉致です。
まあ人が欲しかったみたいですね。
彼らはもうただただこき使われたようですが、
中国では違っています。

こちらも明らかに拉致ってるんですが、
なんと洗脳教育を施します。
手厚く軟禁しつつ、長らく日本に返しません。
そんで帰ってきた人は赤化されているわけで、
日本人は悪い!中共の侵略はキレイな侵略!
と、元軍人の立場から言うわけですから、
これはもう、何も知らない日本人は
あー、そうかそうか、日本ワルイ中共ステキとなるわけです。
しっかし、やつらはうまいことやりよるよなあほんと、
と思いますよね。
ここまで悪逆なことはしなくとも、
そのしっかりと国益を守る姿勢は
見習うとまでは行かなくても、大いに参考にするべきだと思います。

まあ、なんちゅうかこんなことしてても
幸せにはならないんですけどね。
しょうがないじゃん。

あまりにもサイズがないので、
GAPで子供服を買ってきて着てますよ。
なんですかもう。1200円だし、安いのはいいんだけど、
やっぱデザインが子供系orz

2006年11月21日

●雑記:キスデジ買った

キスデジかいましたよ。Nです。
小沢さんに見繕ってもらいました。
これで、取材もバンバンオッケー。
でもなんで50mmの単焦点なんだい?
つか50mmでも遠すぎますね。もうもっと寄れるのでもいいかも。

金曜は会社の子たちと朝まで飲んでえ、
なんか結局人が帰ったり寝ちゃったりで、
女の子と二人で話してたんですが、
ンマー、何を話してたのかさっぱりわからんです。
いんじゃね。

土曜はカメラかってカラオケして串揚げてまたカラオケして、
いやもう、BOΦWYメドレーは「歌わないでください」って言われるし、
ラルク歌ってると思いっきりボリューム絞られるので禁止です。
あ、この日は小沢さんたちとだったので最後まで歌いましたよ。

そんで日曜に撮影会に行きましたが、何年ぶりだろ。
まあ、もうなんちゅうか、切ないっすね(ノω・。)

「人生、谷あり底なし」とはマキ君(サークル後輩・研究員)の名言ですが、
もう身にしみますね。
あー、どっかいきてえな。遠いとこ。
んでもマンドクセ。

そうそう名言といえば猫蔵(外部食客・圧力個人)が
「はいはい、肉がいいんだろ?肉が。」との名言orz
ンマー、理解してる人は理解してやってるようです。

頭に殺人的な笑顔が焼きつきますね、何年も。

2006年11月14日

●ケータイ:けーたいでようつべ

YouTube などの動画を再生できる、無料の携帯電話向けフルブラウザ

なかなかおもしろいっすよ。
ケータイでYouTube検索して、
それを変換してその場で見れます。
早速太郎の「ふざけた国」の動画を見ました。
しかもQVGAで(;´Д`)

サイズやらフレームレート、ビットレート、なんでも調整して変換できるので、
動画対応ケータイならどれでも見れるらしいっすよ。

わーいわーい。
まあ、このへんでも。

http://www.youtube.com/watch?v=Ky5Bszw7L5s

●マンガ:イヤーンまいっちんぐ系に飢えているのか

とらぶるの1巻すごいですね。
なんで売り切れで、アマゾンでプレミア価格ついてるんですか。

確かにいちご100%終了後、
ジャンプ読者はエロに飢えてましたから、
これは仕方のないところです。

しかしながら最近思うのは、
どうも少年誌まで少女誌みたいに、
性交を思わせるような表現や、せくースなんて言葉が出てくる。
昔はなかったような気がするんですが気のせいでしょうか?

そのぶん、露骨に裸が出てくるので、
ドキドキしながらも、
なんでドキドキするのだろう、
これはもしかしていけないことではないだろうか、
これはコッソリ見なければならないものだ、
とエロく行きながらも恥じらいをもって育ったものです。

加えて、エロに関しては親や先生に聞くわけにも行かず、
友達同士で情報共有したり、調べたり、
こうやって、向学心も養ったのではないかと思うのです。

いやはや、ジェンダーフリー教育やらなにやらで、
乱れきっております。
この乱れからエチーに飽きてしまい、
大人になってからの性欲減退にも結びついているのではないかと。

つまりあっしが言いたいことは、
少年誌にもっと健全なエロを導入し、
その表現方法をこそ徹底して正していくことこそ、
これからの教育改革には欠かせない事項ではないかと思うのです。

Σ(゚Д゚;)言い過ぎですか??
いや、議論は大いにすべきです。
日本は言論封殺が罷り通るような
共産主義・独裁主義国家ではないのです。

なんてな、ほんとはもう何もかもどうでもいい。

…もうすぐ憂国忌ですな。
まあ、彼は「美しい死があつてもよいのではないだらうか」と思ってた人ですが、
自決したくなる気持ちはなんとなくわかってしまうのが危うい今日この頃です。

2006年11月 9日

●雑記:雑記

となりのおっさんが「がいそう」がどうのこうの言ってるので、
Σ(゚Д゚;)ここにも太郎!
とオモタら、「外装」の塗り替えかなんかの話でしたよ。

サボってる人がいますよ
国民の血税で給料もらっておきながらサボりまくりなんて
うらやましいですな。
俺が代わりに出席してあげたいくらいです。
ええ、スムーズに議会を進行させて、
業務効率化です。

省昇格ですが、施設庁との統廃合含めて、
なんかあんまりかわり映えしないみたいですね。

まあしかし、どっちかというとインテリジェンス関係のほうが
喫緊の課題といったところなのですが…orz

2006年11月 8日

●雑記:席替え

あー、最近堕落がいっそう激しいので、
話題にも乏しいです。

会社で席替えがありますな。
今まで奥のほうでコソコソやってたのですが、
一気にフロアのど真ん中へ放り出されます。
気楽にハナクソほじることもできなくなります(ノω・。)
これってあれじゃないですか、
ヤドカリをムリに貝の中から引っ張り出すようなもんですよ(;´Д`)

なんちゅうか席替えなんていい思い出がひとつもありゃしないですね。
小学校でも中学校でも、
高確率で一番嫌いな、しかも生理的に嫌いな生徒の隣にすわらされました。
それとほぼ確実に一番前の席ですね。
別に眼鏡かけてるんだから後ろでも見えるっちゅうに。
差別ニダ!チビ差別ニダ!
著しく傷つけられたニダ!
謝罪と賠償を要求するニダ!

高校のときは背に関係なく後ろのほうに座れたのでよかったけど、
男子校なので女子がいないという当たり無しの夜店のくじ状態ですね。

かわいいなーと思ってた子と隣になったことはありませんでしたね。
それを考えると幸せな時期がほんの少しでもあったなあと思えば、
ボギーのように「オレにはパリの思い出がある」と思って
生きていこうと思いました。このみ。

2006年11月 7日

●国際:九条リサイクル?!

はてさて、その「しおかぜ」を主催する戦略情報研究所の代表取締役であり、
特定失踪者問題調査会代表の荒木和博さん。
諸君!では連載をお持ちで、論客としても活躍されてます。

そんで名言が(;´Д`)
「九条はもう使い古したからいらないw
中国や北朝鮮にあげるからリサイクルしてw」
とかなんとか言ってます。

ええ、戦争の始め方なんか忘れちまった日本に九条なんかもう不要です。
独裁軍事国家の中共や北朝鮮にあげてリサイクル利用するのはとてもいいですねw
荒木さんGJ!

●国際:KDDIの施設が拉致被害者を救う?

拉致被害者救出を目的とした、
北朝鮮向けの短波放送「しおかぜ」の発信に
KDDIの茨城の送信施設を使わせてもらおうという動きがあります
NHKに命令放送という話も、
ゴミみたいな人たちはなんやかやいってるようですが、
現場レベルでは丁寧に交渉されているそうです。

MNP戦争に勝利したパワーを拉致被害者救済にも
大いに役立てて欲しいですね。

Σ(゚Д゚;)ボクちゃんてばアカピ新聞なみの話の飛躍??(;´Д`)

2006年11月 6日

●本:別冊正論Extra4

もう、この手の本にかかりっきりで、
他に読んでるのはジャンプとサンデーとガンダモAだけっす(;´Д`)

別冊正論 Extra.4 (4)別冊正論 Extra.4 (4)

扶桑社 2006-10
売り上げランキング : 12833

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

東條由布子さんのインタビューとか、
なんちゅうかこう、悔し涙が出てくる勢いですね。

考えの硬直というか思考停止、議論の放棄、言論封殺…。
安倍中川(酒)麻生のANAラインこそは、
こういったものに立ち向かっていくという、
民衆の目覚めに大いに答えてくれるものと思います。

野党の方々は太郎ちゃまを引き摺り下ろそうとしているようですが、
そういうみっともないことをやめようとか、
そういう面倒な努力はしたくないのでしょうね。
はーこりゃこりゃ、あっしも生きるのが面倒だよ。

ちょと時間オーバーしちゃったので、
これから今月の諸君!に。

2006年11月 2日

●雑記:いろんな意見があります

英紙、憲法9条改正を支持

おかしなメディアだけに目を通していると、
きれいにフィルタがかけられソースロンダリングされた記事だけしか入ってきません。

なんといいますか、歴史に関しても、
一面だけを取り上げてどうこういうのはやはり問題ですよね。
一面しか知らなければそれがすべてと思ってしまいますよ。

今、別冊正論を読んでますが、
林健太郎氏VS中村粲氏の3年にも及ぶ論争、アツいっす。
渡部昇一さんと中西輝政教授みたいな組み合わせの
日本は誇りを持たなきゃね(*'・ω・)(・ω・`*)ネー
みたいな安心して読めるのも大好きですが。

まあ、教育も大事ですな、、、。

2006年11月 1日

●国際:韓国国民の悲痛の声が聞こえてくる…

6カ国協議復帰ですか。
はてさて、またいろいろほざいてはいるみたいですが、
まあ、見守ってみましょう。

うってかわって南朝鮮。
朝鮮日報からは毎日のように悲痛の叫びが聞こえてきます。

【社説】6カ国協議の再開協議でまたも除け者の韓国

ノムさんやキムデジュンに対する言葉が力強い。

彼らは一様に自らが北東アジア情勢の予言者であるどころか、北朝鮮による恐喝のカモであり、北朝鮮に弄ばれてきた無能な存在であることを証明してしまった。

「国民にとって、これ以上の不幸はないだろう」
「こんな政権を信頼する国民もいなければ、こんな国とつきあおうという同盟国も存在しない。」

なんと悲痛な叫びでしょうか。
政府というのは、平時においてもここまで国民を悲しませるものなのでしょうか。
内閣改造も惨憺たる状況のようですね。

幸いにして、現在の日本は政府がある程度しっかりやってくれてます。
ええ、太郎がいますからね。安倍さんもいいけど。
そうそう、最近は中川(酒)氏も大活躍中ですね。

まあ、日本も村山・河野・宮沢などの時代は、
今の韓国のような時代だったとも言えるかもですね。

それにしても朝鮮日報ステキですね。反日記事以外は。
政府をたたいているという点では日本のマスゴミと共通してるのですが、
政府をたたけばいいと硬直した考えになっている、
それ以上の悪逆不埒な行いをしていると思います。ええ、日本の彼らは。

あわせて読みたい