« 伝説のヲタ芸師VSエセhyde | メイン | 悲しみはエゴ、探求は茨の道 »

2006年12月12日

●文春VS朝日

このエントリーを含むはてなブックマーク 文春VS朝日
文春VS朝日―雑誌対新聞の死闘から現代日本の何が読めるか文春VS朝日―雑誌対新聞の死闘から現代日本の何が読めるか
小板橋 二郎

ごま書房 1994-10
売り上げランキング : 1114336

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

結構古い本ですが、その対決構造も
アカピの捏造体質・偏向体質・傲慢体質も変わっていません。
序盤はどちらかに偏らないように書かれているのですが、
後半に進むにつれて、著者も中で認めているとおり、
明らかにアカピを批判する論調に、、、。

こちらで取り上げたように、
変えていこうという動きもあるようですが、
まあ、なんというか、変わりませんね。

そんで年収1500万とかなんでしょ?
いやでも、確かにあんな酷いことは
1500万でももらわないと俺にはできませんけどね。
恥ずかしいし、なにより世界平和のことを考えると無理。

やっぱ、悪いことするとお金が儲かるんだなーと思いました。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://ori-p.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/488

コメントする

あわせて読みたい