« 初号機・麻生太郎 | メイン | 日本の苗字七千傑 »

2007年6月 4日

●大英帝国の生んだ名曲

このエントリーを含むはてなブックマーク 大英帝国の生んだ名曲

あふー。

XTCといえばコレ。バリュー・アンドリュースマンセー。

バズコックスはコレ以外はどうもあまり好きでない。

グットさかのぼってスモフェ。

たまにはポールウェラー。

最近の子はグルーヴィーなの好きよね。
まあそれもいいんだけど、
体がビートとメロディでできちゃってるのよね。もれ。
だからかわからんけど、
かえってバンギャの子のほうがシンパシー覚える。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://ori-p.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/581

コメント

XTCもJAMも華麗にスルーして
Small Facesが一番ぐっときた。
最近嗜好が遡ってるな~

ま、まちとりさん、どうしちゃったのw

まあでも、この曲はWhoで言えば
Substitute恋のピンチヒッターみたいな感じで、
オリジナルアルバムには未収録の名曲です。
よな?多分そう。

こういう牧歌的なのよければロニー・レインはいいと思うんだけどなぁ。

コメントする

あわせて読みたい