« にわか政治ヲチャには新鮮な事実も | メイン | 古い仲間に会うと時間が止まってる »

2007年6月20日

●どこまでが「基本的」な人権なの

このエントリーを含むはてなブックマーク どこまでが「基本的」な人権なの

朝鮮総連職員「なぜ我々がいてはだめなのか」
このひとら「借りたもの返す」とかそういうこと知らないんですね。
こういう連中が代表みたいな顔しているから
良心的な在日の人とかまで一くくりにされちゃんでしょ。
まあ、わかってる人は総連なんかガンガン抜けてるみたいですけど。
まあ、ほんとは帰化するか帰るかがあたりまえなんですけどね。
おまけに本国はまた撃ってるし。
北朝鮮、日本海に短距離ミサイル発射…韓国政府筋

さて、件の安田一派ですが。
基本的人権を守る弁護士への攻撃だ


「基本的」人権て、なんでしょうね?


まあいいや。
なんかもう、ヘンな人多いし、
怖い世の中です。
司法も食堂も信じられない世の中なんて(つД`)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://ori-p.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/591

コメント

もうね、相当侵略されきってますね。
日本人は人がいいからさぁ、耳あたりのいいことはそのまま信じてきちゃったからねぇ。あと、見かけ上の正論に反論できないというか。

タダ弱いだけなら、まだなんかすくわれそうなきガスるんすよね。

たしかにマスコミてのは反権力で監視者じゃなきゃならない。

でも今のマスゴミは反権力じゃなく
「反国家」
なんでしょね。

今の願い、
もちろん最大は
「愛し合いたい」ですが、
そういう夢みたいなことより、
「捏造を許さない、真実と国家を愛せる日本」
ですかね…。

朝日新聞崩壊のほうがオレが愛し合うよりありえると思う。

コメントする

あわせて読みたい