« 動画共有サイトてどうよ | メイン | やっぱオリジナル音声出ますね »

2007年7月27日

●もちろんだまされたほうがいいときもある

このエントリーを含むはてなブックマーク もちろんだまされたほうがいいときもある

聞いてしまったがために交通事故にあったり、
知ってしまったがために死んでしまったり、
いろいろありますが。

「だまされたあ!」と思いたくないなら、
これは国家のインテリジェンスと同じですね。
情報の整理整頓です。

公開情報を整理するだけでも
「インフォメーション」は「インテリジェンス」になります。
我々は幸福にもインターネットというツールを持っています。
ええ、チャンスはあるのです。

民主党・さくらパパ 年金履歴の虚偽申請を「奨励」
こういうの一般マスゴミはスルーですね。

【2007参院選】何たる選挙戦(2)「醜聞・年金だけの争点は恥だ」
サンケイなのでアレだとか思わずに読めば納得はいくはずです。

まあ、頭に血が上ってる人は聞く耳を持っていませんからね。
でもまあそういう意味で、
安倍政権で責任を取らなければならない人が一人います。

世耕弘成 さんです。
・内閣総理大臣補佐官(広報担当)
・自由民主党幹事長補佐(広報担当)
マスゴミの権力は大きすぎます。
しかしここまで舵取りできなかったのだから、
セコウさんは責任を取って役職を辞任することで
広報が如何に大事なのかを示して欲しいです。
もしくは大改革してください。

ボクはおろかな人間ですし、
しょっちゅう頭に血が上りますが、
疑ってかかることを忘れたら、
真実を追究することを忘れたら、
そのときが終わりだと思います。

まあどうでもいいのですが、
今日から会社でのあだ名が「酋長」になりましたorz
ノムさんかよ(つД`)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://ori-p.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/621

コメント

たしかに産経だからアレな記事なんですが、産経だけじゃとてもバランスとれませんねー(笑)
産経系は社内でバランスとってる気はしないでもないけど(笑)

古森さんの報告なので、
大筋正しいとは思うのですがねぇ…。

まあでも4紙並べると産経しかまともに読める新聞がないというのも…

コメントする

あわせて読みたい