« 柳原可奈子~本日のやなかな9/2【ヤナカナ】~引き続きネタ無し | メイン | 柳原可奈子~本日のやなかな9/3【ヤナカナ】~木曜以来の登場 »

2007年9月 3日

●西尾幹二氏による4大政党制のススメ

このエントリーを含むはてなブックマーク 西尾幹二氏による4大政党制のススメ

2大政党制を求める声は多いですが、
果たしてどうでしょうか。

55年体制において自民党が長らく政権を維持してきたのは、
「反共の防波堤」としてでした。
当時は自民党VS社会党でしたが、
社会党が民主党になったからといって、
民主党の左派は社会党そのもの、
マズい政策がてんこ盛りですよね。

もちろん金権政治の申し子、
角栄、金丸、竹下の直系である小沢が
「政治より政局」の政治屋であることも大きな問題。
まあ今さら私が言わなくても皆さんご存知ですね。

あっしは西尾幹二さんは「つくる会」騒動で多少悪い印象があるのですが、
やはりイイこといいますね。

55年体制より前のように自民とミンスを右派左派に分けて
さまざまな組み合わせで連立を組めるようにすればいいだろうと。

自民の売国路線とミンスの前なんとかさん一派を交換すると手っ取り早い
って話もありますが、それでは55年体制と同じで、
右派の抜けたミンス(当時でいえば社会党)は政権をとる気が失せてお花畑に走り、
自民党はぬるま湯に浸かって腐敗します。

ここは、
・麻生太郎率いる自民右派
・新YKKの売国自民
・前なんとかさん率いるミンス右派(民社党)
・お遍路さんのミンス左派
これでいいでしょう。
といったところが西尾さんの意見です。
まあもちろん「太郎」の太の字も出てきませんでしたがw

さらに共産・社民のような泡沫政党が弱体化するというオマケつき。
公明の発言力ももちろん低下するでしょう。
まあ創価自体はあちこちに入り込んでますから、
難しい気がしますが...。

ミズポは田嶋陽子先生と交代でたかじんに出てください。
あっというまにアイドルになれますw

まあ、そーんなにうまく政界再編なんてするわけないんですけどね...。
それ以上に大衆を導くべきマスゴミが...(つД`)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://ori-p.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/699

コメント

民主党は国民年金問題が議論の焦点になってると思っているようですが、
年金はきちんとやるのが当たり前であって、むしろ昨今の国民は、
政治家の不祥事とか外交問題に敏感になっていて、
それが対立軸になっている気がします。
外交スタンスで政党を作るというのはわかりやすくていいと思いました。

本来、参院こそそういう視点で決まるべきなんだよね。任期が6年で解散もないんだし。
でも、衆院より軽く見られていて、どうしても「お灸」感覚の投票になっちゃう。

まあ人は忘れやすい動物だから、小沢が細川内閣作ってどうなったとか、弱体化した自民が社会党と連立組んでどうなったかとか、考えないのよね。

まあ、オレも当時はその一人だったけどね。
もう政治から目は離せないよ。
河野談話と近隣諸国条項の過ちだけは繰り返すわけには行かない。

コメントする

あわせて読みたい