« 困ったときは音楽に逃げろ | メイン | そういうイメージだったと思う、確かに »

2009年6月23日

●正しい麻生批判

このエントリーを含むはてなブックマーク 正しい麻生批判

はてさて、もはや末期的症状ですね。
安倍さんにしてもそうだったのですが、
やはり周りがどうもおかしい。

各方面の指摘では、菅さんが主犯格で、
秘書の方々にどうも問題があるらしい。
究極的に「そんなヤツらを周りに置く太郎が悪い」
ということらしい。

「またブレた」
「いい間違い」
「バー通い」
こんなものどうだっていい。

それを考えると、やはり飯島勲のような人を近くjにおかねばならないのですね。
人を見る目は大事なんですね。

私も正直、現状に関して言えば、もう太郎を支持し切れません。
しかし、政界再編への期待ができない以上、
「自民党に入れる」としか言えません。

クニオが本当に動けば面白いんだけどなぁ。

まあミンス勝利は確実っぽいので、
議会不在で強行でだされた村山談話のごとく、
外国人参政権が強行されないように
なんらかの対策を考えることこそ、
我々保守派の現実的な課題なのかもしれません。

http://sorceress.raindrop.jp/blog/2009/06/#a001009

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://ori-p.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1005

コメント

なんであっちのあの人とかこっちのあの人とかは動かないのかね・・・・選挙が終わってから動くとかいうヒキョーなマネはやめて欲しいんだけどなぁ(笑)

保守思想だけでは力を持つことが出来ないんですよね。
今話題のぽっぽ弟も決して保守ではないですし。

確かに平沼さんや西村さんには期待をしたいのですが、
いかんせん、力がない。
結局力があるのは古賀とかですよ、、、。

動くのは選挙後しかないんじゃないですかねぇ。
小選挙区は比較的まともな人に入れるしかないですね。
もし政界再編があっても、それなら間違いないでしょう。
ないのであれば自民に入れるしかないですが、
読めない状況では、、、。

問題は比例区ですが、
なんとか衆院選までは自分の方針は決めたいと思っています。

あー、また創価のおばさんから連絡くるんだろうな。

とりあえず渋谷署に行って
「ぼくは全然やってません!やってませんからね!」て言う

柳原のファンなら公明党だろ。

創価の友達に聞いても、
一般レベルの情報しかないんですよね。

まあ仮に柳原先生がそうだったとしても、
ファンだからといってそれに従う必要はないわけで。

「じゃあ、先生が死ねといったら
お前は死ぬのかっ!?」
の世界ですね。

コメントする

あわせて読みたい