« 2009年6月 | メイン | 2010年12月 »

2010年11月26日

●憂国忌でしたね

三島40回忌ですか。
BBCでもとりあげてたようですね。
何言ってるのか相変わらずわかりませんが、、。

今年は憂国忌行こうかなと思ってたのですが、
やはり作品を1本も読んでないのに行くべきではないかな、と。

考えてみると、三島の考えの多くの部分に共感するのに、
作品を読んでいないとはいったいどういうことだ。
大嫌いな大江健三郎は読んだことあるのにw

つかほんと小説読まないので、
最近読んだのはジョージオーウェルの1984年ぐらいで
それも去年だったような...

赤池さんが果たしえなかった約束を引用してるな。

日本はなくなって、その代わりに、無機的な、からっぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜目がない、或る経済的大国が極東の一角に残るのであろう。

この文言はあっしが諸君と正論を読み始めたころからずっと目にしてきた言葉で、
ひどく共感していたのですが、
富裕な、抜目がない
の部分は崩壊しつつありますね。

人に何かを任せっぱなしでは、
その役割がどれだけ大事なのかわからなくなるものです。
母や祖母の炊事の都合や苦労も知らずに
「今日、カレーって言ったでしょ!!」
と、駄々っていた子供のころの自分のようです。
いや、納得できない理由ならば今でも大いに駄々りますが。
ええ、一度カレーといったらカレーなのです。
カレーでなければいけないのです。

この時期に尖閣関連で安全保障に関心を持つようになった人も多少は増えたのかもしれませんが、
憲法は変えねばならないこと、しかし国民の意識が改憲に向かわないことに
三島もあの世で頭を抱え込んでいることでしょう。

40年も経って、諫死が未だ犬死のままですか...。

2010年11月25日

●無責任な政府は無責任な国民の鏡

北朝鮮の砲撃が「神風」なんていったのは誰か?

「神風」なんていう言葉を使うのは保守かとも一瞬思いますが、
民間人が死んでるのにそんな言葉、普通の保守は使いません。

ここは民主の主流である、事なかれ主義左派が無思慮に使ったのでしょうね。
事なかれ主義なのに、思慮が浅い。
というか事なかれ主義こそ問題の先送りそのもの、無責任の証左ですが。
もし保守を自称する人なら、それこそ民主の保守なんてそんなもの、ってとこですね。

政権交代を、未曾有の殺戮を生んだ「文革」になぞらえたり、
自らを中共の私兵である人民解放軍にたとえたりと、
「ナントカ還元水」や「産む機械」などよりもよほど危険度の高い失言...
だとは思わないんでしょうね。そういう報道してきた、している人々は。

安倍・麻生を引き摺り下ろし、
さらには次を担うはずだった昭一をは死に追いやった、
マスコミ主導の「政権交代」の罪は重い。

それはそうと橋下さん、いいこといってるな。
「国家と学校は無関係だというなら、
北朝鮮が不法行為をしても支援金を出すべきだ。
不法行為と認めている拉致問題と、砲撃のどこが違うのか」

この支援金はジョンウンに送られるものとの報道が多くあります。
もちろん決して出すべきではないお金なのですが、
現政権の矛盾を突く非常に冴えた発言だと思います。

2010年11月19日

●丸川珠代氏が存在感を増しているようだが...


丸川氏、いい感じですね。
やはり外国人参政権推進派の現職保坂さんぞう氏が落選で
新人丸川氏当選はよい結果だったと。

とはいうものの、
進次郎もそうだけど、派手な場面ばかり取り上げられますな。
稲田さんとか西田さんのほうが秀逸なんだけどなぁ。
いやもう稲田さんは日本のサッチャーになるべきだ。

まあ、小泉さん以降、ワンフレーズポリティクス全盛です。
強さとわかりやすさですか。
別にわかりにくいのが好きなわけじゃないんだけどなぁ。

江戸時代は「ワシらにゃわがんね、難しいことはお上にまがせっぺぇ」
で平和だったんですがねぇ。
民主主義になったので、わがんねぇことを人任せにできなくなりました。

あ、進次郎が首相になったら、小泉さんのほうが
パパブッシュみたいに「パパコイズミ」になるんかね?

2010年11月15日

●やはり谷垣さんはヒドい

「流出が問題」って、
民主党といってること同じじゃないですか。
「二・二六も命令無視」映像流出保安官を自民・谷垣氏が批判

だから自民でも民主でも同じとか言われるんだよな。

せっかく太郎や安倍さんのような人ががんばっていたのに、
それを引き摺り下ろしたおかげで、
せっかくよくなりつつあった自民もまたカスに戻りましたとさ。

2010年11月14日

●佐々淳行さんのホームページで

署名集めてるので、
怒ってる方はどうぞ。

http://www.sassaoffice.com/

●あらためていいたいなぁ

去年の衆院選で民主党に入れた人、
今頃とても幸せな日々を送り、政治にさぞ満足しているのでしょうね。

まあ、いくら国会中継を見たり、政治家・政党について調べたりして
真摯に政治と向き合って大切な一票を信頼できる人に投票しても、
自分がいかに無力かを知るだけですな。

まあ私は今後も無責任な投票はしませんが。

考えてみるとポッポ兄の発言はいい意味にもとれますね。

「日本は日本人だけのものではない」

まあ彼の気持ちは売国でしょうが、
この日本という国は、
命をかけて日本を守った先人たちからお預かりしているもので、
われわれはこれを壊すことなく子孫に受け継いでいくという責任がある
私はそう思います。

投票しなければ公明党が強くなるものですが、
わからないから投票しない、という人のほうが
よほど責任感があると思います。
公明が多少強くなってもたかが知れてますが...

しかしながら皆様は
「おりかさは偏ってる」
とか思ってるのでしょうから、
どうぞお好きに投票なさいませ。


2010年11月 6日

●シカゴのジョン&ヨーコ

BBCニュースでめっちゃエエ声が聞こえてきたんで、
英語がまだまだよくわからないので懸命にググってたら大阪の人でした。

野毛洋子

うーん、なにげにポプコン出身なのに、
ウィキペディアにページすらないとは...

いやはや、すごいですね。エエ声だ。

彼女の国内時代のヒット「おっさん何するんや」
凱旋ライブバージョン

http://www.youtube.com/watch?v=d2WA0le1Ptc&feature=related

●午前8時のシンデレラ、トンデレラ

ちょいと最近はAndroidをいじってるのですが、
これ、iPhoneより面白いですね。

考えてみれば日本のPCって、
メインストリーム=PC-98
クール&先進=Mac
先見マニア=PC/AT
の中からPC/ATが覇者になりましたな。
その流れはDOS/V→Winという進化の中で起きた、と。

今のモバイルは
メインストリーム=2つ折り
クール&先進=iPhone
先見マニア=Android
みたいな感じです。

いじりがいがあるんですね、Androidって。
まあそうだろうと思ってたけど。

まあ、着メロ作成とか、国産従来型こそいじりがいがあったのは、
PC98やX68のいじりがいと同じ感覚をも呼び起こされます。
Macのクリック文化をWinがパクったのも、
iPhoneのタッチ感をAndroidがスムーズに取り入れちゃった感じとダブります。

歴史は繰り返すのでしょうかね?

まあそういう意味では、
Androidなりなんなりが天下をとったあと、
あのiMac旋風みたいなのが
ケータイでAppleから来るかなと思うとそれも楽しみ。

ああ、妄想しすぎですな。

コンテンツというかインフラというか、
まあネット上のプラットフォームでいうと、
今はソーシャルがどこくるか、なんですかね。
キャリア、プロバイダ、いろいろ戦国時代でしたが、

「テレホ」

これを超える青春はもう来ないと思う、、、。

あ、「Windows Mobileディスってんじゃねぇ」みたいな意見ってあります?

2010年11月 5日

●そういうイメージだったと思う、確かに

まあ、また今日見た夢の話なんだけど。

なんか、駅で電車待ってたら、
すごい勢いで線路とかホームとかをヤクザカーが走り回ってるわけ。
そんで見てるとオレの周りをだんだんぐるぐる回ってると。
そんで稲川淳二風に「なーんかやだなー、怖いな怖いなー」なんて思ってたら、
1台の車から、プリキュアみたいなお面をかぶった女子が降りてきて、
俺の目の前に立って一言
お面女子「おりかさ、カラオケいこーぜ!」
オレ「お、お前、まり?」

夢ですからね、当然お面をはずした女子はマリでした。
その後、後付設定のごとく、
ヤクザカーのリーダーをまりに紹介されて、
なんだよ、おどかすなよー、というオチでした。

オチまでついた夢はなかなかめずらしいな。
だいたいは「怖いな怖いなー」から怖さが加速して、
ビクっとなって起きるもんな。

とまあ、まりを知ってる人は「わはは」ですが、
まりにあったことがないと「だからなに?」ですわね。

まあ実際オレの中では、
「ランドセルしょって大学に通う、型破りな女。
宝物は学校のロッカーに入れてる、拾ったマネキン人形」
ってイメージだしな。

あわせて読みたい