« 無責任な政府は無責任な国民の鏡 | メイン | 皇室は顔 »

2010年11月26日

●憂国忌でしたね

このエントリーを含むはてなブックマーク 憂国忌でしたね

三島40回忌ですか。
BBCでもとりあげてたようですね。
何言ってるのか相変わらずわかりませんが、、。

今年は憂国忌行こうかなと思ってたのですが、
やはり作品を1本も読んでないのに行くべきではないかな、と。

考えてみると、三島の考えの多くの部分に共感するのに、
作品を読んでいないとはいったいどういうことだ。
大嫌いな大江健三郎は読んだことあるのにw

つかほんと小説読まないので、
最近読んだのはジョージオーウェルの1984年ぐらいで
それも去年だったような...

赤池さんが果たしえなかった約束を引用してるな。

日本はなくなって、その代わりに、無機的な、からっぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜目がない、或る経済的大国が極東の一角に残るのであろう。

この文言はあっしが諸君と正論を読み始めたころからずっと目にしてきた言葉で、
ひどく共感していたのですが、
富裕な、抜目がない
の部分は崩壊しつつありますね。

人に何かを任せっぱなしでは、
その役割がどれだけ大事なのかわからなくなるものです。
母や祖母の炊事の都合や苦労も知らずに
「今日、カレーって言ったでしょ!!」
と、駄々っていた子供のころの自分のようです。
いや、納得できない理由ならば今でも大いに駄々りますが。
ええ、一度カレーといったらカレーなのです。
カレーでなければいけないのです。

この時期に尖閣関連で安全保障に関心を持つようになった人も多少は増えたのかもしれませんが、
憲法は変えねばならないこと、しかし国民の意識が改憲に向かわないことに
三島もあの世で頭を抱え込んでいることでしょう。

40年も経って、諫死が未だ犬死のままですか...。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://ori-p.net/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1014

コメント

盾の会ではなく、ヨコの会な俺ですが。
今的には、国防の最前線って自衛隊じゃ無くって海上保安庁じゃね?
それにしても、なんで陸自で檄ったんだろうねえ。

>日本はなくなって、その代わりに、無機的な、からっぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜目がない、或る経済的大国が極東の一角に残るのであろう。

たぶん、中国・ロシアによる分割したあと、北朝鮮民が大量にやってくるでしょう。

ヨコの会ってwwww
さすがですwww

>陸自で檄ったんだろうねえ。
確か、体験入隊とかで仲良くなったから、
きっと応えてくれるだろうと思ってたんじゃなかったでしたっけ?

たしかに最前線は海保になっちゃってますよね。
実は海自が今回のような領海侵犯を発見したとしても、
海保に通報することぐらいしかできないんですよね。
それどころか島に上陸されても、
見てるしかないという…

うーん、日本分割…
中共の未来予想図では、西日本が日本省、
東日本が「日本自治区」かなんかでしたっけね。
ほそろしい…

あと、国防=High-Mid Intensity Conflict、治安維持=Low Intensity Conflictって切り分けがまずいんだろうねぇ。
まあ、関東軍や憲兵隊への反省だろうけど。
テロはもう、公安の範疇じゃないだろ~

なるほど…

公安といえば、学生運動時代も、
自衛隊は出てませんよね?

とにかく自衛隊が法律上できることを広げないと、
テロ・紛争時代を乗り切れないですよね…

したたかにしなやかにやるのであれば、
海保に海事並みの装備を持たせるとか?

まあ、結局憲法変えるのが手っ取り早いですが、それが手っ取り早くない日本orz

コメントする

あわせて読みたい