« 一人上手 | メイン | 太郎ちゃま »

2010年11月14日

●佐々淳行さんのホームページで

署名集めてるので、
怒ってる方はどうぞ。

http://www.sassaoffice.com/

2009年6月16日

●諸君がなくなったので

毎月読む本が正論とWiLLだけになってしまいましたが、
ちょろちょろ読みました。

「国力」会議「国力」会議
麻生 太郎

祥伝社 2008-04-22
売り上げランキング : 115794

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今さら感はありますが100円だったので(;´Д`)
会議じゃなくインタビューに各個答える形です。
太郎と平沼さんは期待通りの発言です。
与謝野さんとゲルは悪くはないけど、そーんなに胸は躍りませんね。

世界を愛した日本―勇気と誇りを与えてくれる、私たちの近現代史(OAK MOOK 284 撃論ムック)世界を愛した日本―勇気と誇りを与えてくれる、私たちの近現代史(OAK MOOK 284 撃論ムック)
西村幸祐

オークラ出版 2009-05-08
売り上げランキング : 1199

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

歴史教科書の比較は参考になります。
最も反日に位置するのは日本書籍だそうです。
扶桑社・自由社以外で最もマシなのは東京書籍のようです。
まあそれでもひどいですが、、、。
というか、この本、「連載」があるんですが、
通巻の定期刊行誌じゃないのに連載ってどう追っかけるの(;´Д`)
なんか4ページぐらいですぐ終わっちゃう感じも...
というか、西部邁氏のお話はよくワカランです相変わらず(;´Д`)

伊藤博文と安重根 (文春文庫)伊藤博文と安重根 (文春文庫)
佐木 隆三

文藝春秋 1996-03
売り上げランキング : 176672

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

なにかと問題のある著者さんのようですが、
たんたんと事実が並べられている感じでしょうか。
安重根の愛国心にはあこがれますが、
主張には誤解や思い込みがありますし、
博文公を殺めるのはカタルシスを満たすだけで、
なんの解決も生まなかったでしょう。
やはりテロリストと言わざるをえません。
でもなあ、これくらいの気概がなんで今の日本のウヨクにないのか、、、。

次はワイルドスワンの予定です。

2009年6月 5日

●傲慢なNHKに鉄槌を

今月の正論、特集が「NHKよ、そんなに日本が憎いのか」です。
正論は普段はわりと硬いのですが、
今回はさすがに空気を読んでくれました。

台湾関連の団体からカナリの抗議を受けていますので
ご存知の方も多いでしょう。

NHKの偏向検証 自民有志が議連結成へ

日台双方で批判続出...NHK「偏向報道」政界に波及

インテリジェンスの権威である、
元内閣情報調査室長、
NECでも顧問を勤められた
大森義夫氏が海外のインテリジェンス機関の要人に伺ったところ、
やはり日本のマスコミは汚染されまくってるようです。

今回の件、しかり。

「日本テレビは、スパイを社会部記者として使っている!」
といったお話もあります。

まあ、スパイどうこう以前に教育がおかしくなった日本の建て直しは、
やはりまず教育からじっくりやらねばならない気もしますが、、、、。

さて無力な我々ですが、
最近ではネット署名なるものもあるようです。

気が向いた方は署名しててはいかが?

NHKを正す会

あっしはもう署名してみました。

いやはやホントひどい。
俺の周りでは二人NHK解約しましたよ。

売国電波の押し売りは死んでも勘弁。

2009年5月27日

●SPYSPYSPY

【主張】産業スパイ厳罰化 次は国家機密守る立法を

今日はF君が「靖国には戦犯が祭られてるんでしょ」などという妄言をはきましたので、
かなりイラっとしました。
やはり日本の教育はおかしい。
F君に罪はない。
まあ空気が読めないのは確かですがorz

俗に言う「靖国に祀られる戦犯」などといわれる英霊は、
「敵国に仇を為した」方々です。
つまり、わが国にとっては国を守った方々であって、
もちろん、松岡氏のように、実際に国益を損ねた方、
また尊い命を失わせしめた方もおりますが
「戦犯」などという言葉で靖国を貶める言動には
激しい怒りを感じます。

靖国神社は国を守った方々に感謝する施設です。
たとえ祈りたくない相手が祀られていたとしても、
感謝の気持ちのほうを大切にすべきでしょう。

あ別の話で引き伸ばしてしまいました。

ご存知の通り、マス媒体は数字の取れる報道しかしません。

「軍事転用可能な技術や機密情報の海外流出防止と産業スパイの取り締まり強化を目的にした
改正外為法と改正不正競争防止法が成立した。」そうです。

もちろん、政治上でのスパイ防止法こそ成立を急ぐべきですが、
産業・技術上での情報流出は国益に直結します。
特に軍事流用が懸念される事項は多いですから、
このニュースはあっしが編集長ならトップニュースです。
まあ、日本テレビの報道に他国のスパイがいるなんて
キナ臭い話もあります。
情報のアンテナは受動的ではいけないのです。
発信ゆんゆんです。

さて、北朝鮮がまた暴れていますが、
我らが太郎はやはり力強いコトバをくれました。

敵基地攻撃、法的に可能=能力保有には言及せず-麻生首相

確かに諸君か正論で昭和30年代にそういった国会での政府見解が
出されているとの情報が掲載されており、
あっしも読んでいます。

あーあ、まず朝日より日刊ゲンダイ潰れて欲しい。

2009年5月 8日

●麻生太郎と中川昭一の正しさ

いやちょっと記憶力ないので、
会社の後輩に間違った情報いっちゃいました(;´Д`)
IMFに20億ドルとかいって、
実際は最大1000億ドルです。
二桁違うヤン(;´Д`)

IMFへ最大1000億ドルの融資、正式に決定・中川財務相が署名

中川(酒)の酩酊報道でかすみましたがすごいことです。

まあ要するに日本の外貨準備高の多くを占める米国債は
今売ったら大損で大変なことになるし、
米国の圧力的に売れません。
塩漬けの金です。

これをIMFの融資枠とすることで、
日本の発言力が増すのです。
利子も徴収できますぜ。
しかもIMFだから取立てもキビしいし、
まあ、もう、とにかく日本の発言力が増すし、
いいことづくめみたいです。

まあ、そういうのとか「なんでマスコミは報道しないの?」とか言われるんですが、
報道してないわけじゃないんですよ。
どうやらそういう話よりも、
太郎の感じの読み間違いとか
カスゴミへの報告で朦朧としているはなしとかのほうが
彼らには大事みたいで、
扱いが小さくなってるのですよ。

まあなんちゅうか、
結局我々がメディアリテラシを洗練させていくのが大事なんですよね。

カンタンな方法は、
たとえば、テレビのニュースや新聞は見ない。
Yahoo!ニュースの政治カテゴリで、
一通りニュースチェックする。
これですね。

Yahoo!もいろいろありますが、
記事提供元が多いし、記事の扱いがトップのトピックス以外は
ほぼ扱いが一律ですからね。

あと2chのニュー速ナビと保守系の政治系のブログとか
見ながら取捨選択してよんでいけば、
今の民主党に投票しようなんて気は起こらないですな。

期待してないわけじゃないけど、
小沢、カンナオト、鳩山兄、岡田あたりがトップじゃ
話にならん。支持団体も売国杉。

ページ/15ページ |次のページ最終ページ
あわせて読みたい