« 太郎ちゃま | メイン | 本 »

2005年12月22日

●映画:トーク・トゥ・ハー

B00008WJ2Fトーク・トゥ・ハー リミテッド・エディション
レオノール・ワトリング ペドロ・アルモドバル ハビエル・カマラ

日活 2004-02-16
売り上げランキング : 31,628

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

劇場で見てえらく気に入った映画っす。
やっとDVD買いましたよ。
好きな映画は?と聞かれると「機動戦士ガンダムⅡ哀・戦士篇」(ミハル)と即答するあっしですが、
うーん、じゃあオススメは?と聞かれれば、
これと「ドニー・ダーコ」、「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」となりますな。

普段はDVDを買ってもしばらく放置するんですが、
届いてすぐ見ちまいましたよ。
正直言ってまず、眠れる美女アリシアの レオノール・ワトリングちゃんが
かわいくて、体も美しすぎます。(;´Д`)ハアハア
というのはおいておいて、看護士ベニグノと泣く男マルコ、
この二人があっしが常に感じている男の孤独を
異なる面から、しかしリアルに現しているところが最大のポイントです。
ストーリー的にも役者的にも完璧ですな。
マルコなんて、ハゲなのにハンサム扱いですぜ。
髪に自信が無い人は是非目標にしましょうw

あっしを知る人が、あっし系の気分になりたいときにはまさにオススメです。
意味不明ですねw
ようするに振られてどん底になるんだけど、
ストーカーにもなれない程度のヘタレが感動したいときにオススメってことでw
いやもちろん、アカデミー賞作品ですから、
そんな下種なことはおいといて名作ですよ。
とりあえずレオノールちゃん目当てでも損しませんぜ!船長!
ここだけはマジw
あとカエターノの歌が良すぎます。
震えます。

まあ、ラストだけはどうかな~?とは思いますけどね(;´Д`)

特典ディスクは監督のコメントとか興味深いっすね。
ベニグノのキャスティングの理由が
「彼には日本人的な親しく話していても考えていることがわからないという面がある」
だとかなんとか。
日本人てスペイン人からするとそんな感じなんすかね?
まあそういう日本人が好きですよ。あっしは。
そんでもちろん特典ディスクでもレオノールちゃんはかわいいっすよ。
実は結構若くなかったりもするみたいですけどw
そろそろ30歳くらいかな。

あわせて読みたい